ねね先生の #トキメキ保育

平成生まれ 幼稚園教諭歴8年 結婚5年目 アラサーです

夢への道のり

 

こんにちは、ねねです。

 

今回は私が幼稚園の先生を目指すようになった

きっかけから、念願の就職までのプロセスを。

 

書いてみたら長くなってしまったので

前編後編に分けてお話しします。

 

年中から入園し2年間通っていた幼稚園と、

担任の先生のことが大好きだった幼少期。

f:id:nenechann:20221121004634j:image

年長になり進学が視野に入ってくると、

「ずっと幼稚園にいたい」という思いが

日を追うごとに強くなっていきました。

 

卒園して小学生になることよりも、ずっと

幼稚園児でいることを選びたかったのです。

 

我ながら後ろ向きな子どもだな、と思います。

そんな私を変えたのは母の言葉でした。

 

「大人になって、大好きな〇〇先生みたいに

 なれたら、また幼稚園に通えるよ!」

 

そのときから私の

幼稚園の先生になりました。

 

後ろ向きだった進学も、

夢のためなら前向きに!!

 

小学校 中学校 高校と、

勉強は得意ではありませんでしたが、

しっかりと進むことができました。

 

小中学校の職業体験では毎度必ず

幼稚園保育園を希望していたり、

 

高校生になると夏休みをつかって

インターンシップやボランティアに

応募したりと、

 

遊びに部活に恋愛に…

学生生活を謳歌する中でも

夢に向かって進むことは忘れずに、

いつも楽しんでいる自分がいました。

 

そしてついに

高校3年、進路選択のときがきました。

 

保育士 幼稚園教員免許 小学校教員免許

この3つの免許資格を取得することを

目標に進路を考えました。

 

保育士と幼稚園教員免許は、

保育の道に進むためには欠かせない資格。

 

小学校教員免許は、

幼稚園の先生になるならば、その先の

小学校教育のことも学んでみたい。

という思いで取得を決意しました。

 

そして「早く保育の現場に出たい」という

思いから短期大学への入学を希望しました。

 

しかし、短期大学で小学校教員免許が

取得できる学校は限られており、

私が選んだのは自宅から電車で2時間の

4年制大学の中の短期大学部でした。

 

2年間でこの3つの資格を取得するのは

想像よりも遥かに大変な道のりです。

 

キラキラした女子大生の生活!とは

ほど遠い短大時代の奮闘記はまた次回。