ねね先生の #トキメキ保育

平成生まれ 幼稚園教諭歴8年 結婚5年目 アラサーです

夢への道のり(2)

 

こんにちは、ねねです。

 

前回は、幼稚園の先生を目指すことになった

きっかけから短大進学前までのことを書きました。

 

今回は短大入学から

保育士 幼稚園教員免許 小学校教員免許

の資格を取得し、就職するまでのことを。

 

 

なんとか希望の進路に進むことができ、

夢へ一歩前進。短大生活が始まりました。

 

3つの資格を得るためには、履修科目も多く

4年制大学の卒業単位とほとんど同じ単位数を

短大の2年間で取得しなければなりません。

 

1限(8:40)から6限(19:10)までびっしり

授業を受けて、帰る頃には外が暗くなります。

 

おまけに毎日の通学に往復4時間。

 

それでも、学生生活を楽しみたかった私は、

友人と共に近隣の大学とのスノーボード

インカレ(複数の大学で構成されるサークル)

に所属し、高校時代から続けていたアルバイト

も継続することにしました。

 

遊びにバイトに勉強に…

自分で選んだ道とはいえ、目まぐるしく

過ぎていく毎日にへとへとになっていました。

今になって考えると、若さで乗り越えていた

部分もたくさんあったと思います。

 

忙しかったけれど、楽しかった!充実してた!!

 

 

資格を取るための難関はなんといっても

実習です。

短大なので1年目から容赦無く始まります。

 

・保育園実習(前期2週間 / 後期2週間)

・幼稚園 教育実習(4週間)

・施設実習(2週間)

・介護等体験実習(養護学校2日間 / デイサービス5日間)

 

2年間でこれだけの実習がありました。

これは当時の実習日誌です。

1日の記録や学び、反省、質問などをまとめて

翌朝提出します。実習の疲れもある中での

作業はかなり大変だったことを覚えています。

 

(教員を経験した今では実習生への対応や、日誌添削の苦労もわかります。当時お世話になった先生方には本当に感謝しています。)

 

それぞれの実習についてはまた書きます。

 

学校内では日々の授業に加えて課題提出や

試験など一般的なカリキュラムをこなし、

小学校教員免許取得のために学生同士で行う

模擬授業や、ピアノの試験などもありました。

 

ピアノは習ったことがなかったため、

独学で猛練習していました。

 

図工や体育、乳児の沐浴練習など教育保育

ならではの授業が多く、どれも面白かったです。

 

一つひとつ課題をクリアして、学校内の試験で

合格点を取ると免許資格を取得することができ

無事卒業です。

 

ついに幼稚園の先生になる夢が叶うのです!

 

学生生活が終わり社会人になることへの不安と

憧れの職業につくことの喜びとで胸がいっぱいでした。

 

憧れの母園であり、実習でもお世話になった

幼稚園に猛アプローチをして、14年越しの

夢を掴み取りました。

 

就職活動についてはまたの機会にお話しします。

 

長くなりましたがここまで読んでいただき

ありがとうございます。